レーザー脱毛ってどんな施術法?受けられるのは医療機関だけ


レーザー脱毛とはどんな方法?

レーザー脱毛とは、レーザー光線を使って毛根に負荷を与える方法になります。レーザー光を毛に当てると、毛に含まれるメラニン色素が反応を起こし、熱を持つようになります。その熱によって毛根に負荷が加わり、成長速度が弱まるのです。レーザー光の場合、威力がある程度強くなると毛根を壊すほどのダメージを与えることができます。毛根が壊れてしまうと、もうその部分から毛が生えてくることもなくなるため永久脱毛も可能となります。

レーザー脱毛は定期的に受けることが必要

レーザー脱毛は定期的に受けなければなりません。なぜなら、レーザー脱毛は成長期を迎えた毛に対してのみ効果を発揮するからです。毛には成長期・退行期・休止期といった毛周期を定期的に繰り返しています。このうち毛と毛根がつながっているのは成長期の間だけです。レーザー脱毛はレーザー光を毛に当て、メラニン色素を反応させることで毛根に負荷を与えます。毛根と毛がつながっていないと、ダメージを与えることができないのです。ただし一度にすべての毛が成長期を迎えるわけではありません。一度レーザー脱毛を行ったら、しばらく間隔を空け、別の毛が成長期を迎えるのを待ってから施術を行います。

レーザー脱毛が受けられるのは医療機関だけ

レーザー脱毛が受けられるのは、医療機関のみに限られます。日本の場合、毛根を破壊する行為は、医師しか行ってはいけないと法律で定められています。また医療用レーザーの使用も医師のみに限られています。つまり医療用レーザーを使った永久脱毛は医師しか行うことができないのです。サロンの場合、医師が施術を行うわけではないのでレーザー脱毛を受けることはできません。医療機関しか受けることができないので、注意しましょう。

医療レーザー脱毛とは、美容クリニックで行える脱毛のことであり、エステなどより強いレーザーを使用するのでその分高い脱毛効果が期待できます。