歯並びを矯正!どんな施術方法がありどれくらいの費用がかかるのか知ろう


矯正装置以外でかかる費用について

歯並びを矯正するときには矯正装置を装着します。長期的に矯正装置をつけて修正しますが、その際装置費用以外にその他の費用がかかってしまうのが現状です。例えば検査や診断を行うため、それらの費用が最大50000円程度かかります。内容はレントゲンやCTといった物を使い歯の状態を調査する費用です。
初めて対象の歯科を利用するときには初診料として5000円くらいまでかかる、中には無料で対応してくれるサービスもあります。装置を作った後はそのものを調整するための費用が1回あたり最大1万円くらいまで発生、装置の保定料や観察料もかかるのが特徴です。
基本的に矯正治療は自由診療に該当するのでクリニック側が自由に価格設定をすることができます。同じ装置を使う場合も医療機関により料金は大きく変化するので調べてから依頼をするのがいいでしょう。

具体的な装置の相場について

クリニックにより歯の矯正装置の利用価格は違いがあります。平均的な価格はワイヤー矯正だと80万円ほどです。透明のマウスピースをつけて矯正する装置も80万円からで、歯の裏側にブラケットを取り付けて矯正する裏側矯正は120万円くらいで利用できます。
特定の歯のみ矯正したいときに使える部分矯正は15万円くらいからなので比較的安価です。入れ歯のようなプレートを入れて矯正する床矯正は20万円くらいから対応してくれます。こちらは子供の歯を矯正するときによく使われる装置です。あくまで相場なので目安として考えるといいでしょう。

出っ歯の矯正を人に気づかれずに実行することに適しているのは、マウスピースを使って歯の矯正を行う方法です。