薄毛は生活習慣が原因?薄毛につながる生活習慣と育毛


薄毛につながる生活習慣

薄毛になってしまう原因はいろいろありますが、生活習慣によって悪化してしまうと言うケースはよくあります。
まず挙げられるのが、食生活の悪さです。脂質や糖質の多い食事ばかりをしていると、汗の質が悪くなり、頭皮から皮脂がたくさん出てしまいます。そのせいで頭皮環境が悪くなることで薄毛になります。
そんな頭皮の状態を改善するためにはシャンプーが有効ですが、シャンプーも刺激の弱いものを選ばなければ皮脂を取り過ぎてしまうと逆効果になるため注意が必要です。
また、過度のダイエットなどをしてしまうのも栄養不足やホルモンバランスの乱れ、代謝の低下につながり髪にも影響が出てきます。
その他、筋トレのしすぎで男性ホルモンが多くなる、喫煙することで血行が悪くなるというのも薄毛の原因になります。

育毛のための生活習慣

育毛するためには、生活習慣の見直しから始めることをオススメします。
栄養バランスの整った食生活が基本となりますが、髪の毛の材料になる良質なタンパク質や亜鉛などの栄養素を積極的に摂取するとより効率的に育毛することができます。
肥満の解消や血行を良くするためには、適度な運動を取り入れることも良いとされています。
頭皮環境を整えるためには、シャンプーの選び方にも注意が必要です。できれば低刺激な皮脂を落としすぎないものを選び、頭皮に負担のかからない洗い方をすることが頭皮環境を整えることにつながります。
筋トレは適度に行いつつ、有酸素運動を取り入れることで薄毛を改善することができるとされています。
喫煙は髪以外にも悪影響があるため、すぐに禁煙することがオススメです。

髪の毛が抜けるからといって、ちゃんとシャンプーしないのはよくありません。地肌を清潔にすることが育毛への第一歩です。