ほくろを除去したい方へ!ほくろ除去の方法や注意すべきこととは


ほくろには良いほくろと悪いほくろがある

ほくろが大きすぎたり、ほくろがある場所によっては不快に感じ、「除去したい」と思っている人も多いのではないでしょうか。あまりにも数が多かったり、顔に集中してほくろができている場合、コンプレックスに感じてしまうこともあるので、「ほくろ除去」をするといいでしょう。
実はほくろには「良いほくろ」と「悪いほくろ」があります。悪いほくろは、悪性腫瘍、つまり癌です。悪いほくろは、「左右非対称」だったり、「墨がにじんだような輪郭がはっきりしない」など、ある程度見分けることができますが、自己判断でほくろを取ったり、傷つけたりするのは絶対にやめましょう。

ほくろ除去の種類は?おススメはレーザー治療

ほくろは、切開して取り除く方法や、電気分解法、レーザー治療などがあります。ほくろをメスで取る場合、皮膚を切り取り、その周りの皮膚を縫合することでほくろを除去します。シワや皮膚のキメに沿って切開することで傷は一本の線になり、時間が経つにつれ傷跡は目立たなくなります。電気分解法は電気メスの原理を応用し、熱によってほくろの細胞を焼灼。数日間はかさぶたができますが、それが取れるとピンク色になり、肌色になっていきます。
ほくろはよほど根深いものでない限り、レーザーで除去できます。レーザーは波長によって特定の組織だけを選択的に治療することが可能です。切開しないので、健康的な皮膚にダメージを与えず、肌への負担も少なくてすみます。細かいほくろがたくさんあっても、たった1回の照射でかなり広い部分の治療が可能です。
ほくろを除去したい場合、美容皮膚科などで専門医のカウンセリングを受け、ほくろが良性か悪性か見てもらい、自分に合ったほくろの除去方法を選択しましょう。

美容外科で行うほくろ除去は保険適用外ですが、皮膚科でそのほくろにガンの可能性があると診断された場合は保険を使うことができます。