綺麗な肌になりたい!正しいニキビケアの方法とは


保湿ケアを欠かさないこと

ニキビが出来てしまった際、いったいどのようなケアをすれば綺麗な肌に戻ることが出来るのでしょうか。
まずは、保湿ケアを欠かさないということです。ニキビは脂が悪さをしているので乾燥しても良いという考えは危険です。肌が乾燥してしまうと、ちょっとした刺激にも耐えられず荒れてしまいます。そうなると、ニキビが治るどころではなく、さらに状態が悪化してしまうことでしょう。
最低でも朝と晩に2回は、きちんと保湿ケアをしてあげましょう。

強い日差しを浴びないこと

続いて、ニキビが出来てしまった時には、出来るだけ日差しを浴びないように気をつけましょう。肌が太陽の元にさらされてしまいますと、紫外線によって肌に刺激が与えられます。その結果、色素沈着という形でニキビ痕が残ってしまう可能性が高くなるのです。
ですので、太陽がまぶしいと感じたらすぐに日傘をさすようにしたり、無駄に外出しないようにすることが非常に重要です。

体内からきれいにしていく

最後に、食べ物の力によってニキビを治していくという方法があります。ジャンクフードは避ける、マカデミアナッツオイルやエキストラバージンオリーブオイルなどの良質な油を摂取する、バランスの良い食事を心がける、ビタミンCを多目に摂取するなど、毎日の食生活に気を配るだけで、ニキビの治るスピードがぐんとアップします。
できるだけ、毎日同じ時間に食事をするなどして、生活リズムを整えましょう。難しく考えなくても、このような簡単なことでニキビは治っていくのです。

ニキビができたときにいじってしまうと、色素沈着してしまいシミのようになってしまいます。そのシミのことをニキビ跡といいます